広告主様利用規約

OASISアフィリエイト 広告主利用規約
OASISアフィリエイト 利用規約(以下、「本規約」という)は、株式会社OASIS(以下、当社という)が提供する「OASISアフィリエイト」(以下、「本サービス」という)の利用に関し、広告主(第1 条第1 号に定義)との関係を規定するものとする。

第1 条(定義)
規約において使用する用語を以下のとおり定義する。

① 広告主
「広告主」とは、当社指定の方法にて本サービスの利用の申込みを行い、本サービスを通して自己の運営するウェブサイトへユーザーを誘導することを意図する者をいう。

② 広告主サイト
「広告主サイト」とは、広告主が運営するウェブサイトをいう

③ パートナー
「パートナー」とは、当社が別途規定する「OASISアフィリエイト パートナー利用規約」に同意し、広告主の広告を掲載することで、ユーザーをウェブサイトから広告主サイトに誘導し、成果報酬を得ようとする者をいう。

④ アフィリエイトサイト
「アフィリエイトサイト」とは、パートナーが運営するウェブサイト、メールマガジン等の媒体をいう。

⑤ ユーザー
「ユーザー」とは、アフィリエイトサイト上のリンクから広告主のサイトに移動する者または移動しようとする者をいう。

⑥ アフィリエイトプロモーション、OASISアフィリエイト
「アフィリエイトプロモーション」とは、広告主サイトおよびアフィリエイトサイトによって構成され、ユーザーをアフィリエイトサイトから広告主サイトへ誘導し、別途、当社と広告主で定める広告成果が発生した場合に、広告主が当社に、当社がパートナーに、同様に別途定める成果報酬を支払うシステムをいい、OASISアフィリエイト とは、当社が本規約および「【OASISアフィリエイト】パートナー利用規約」に準拠して運営するアフィリエイトプロモーションをいう。

第2 条(サービスの内容)
当社は、広告主に対し、本サービスの管理画面のID、パスワードを貸与し、本サービスのネットワークを提供する。

第3 条(利用料金)
本サービスの利用料金は、以下のとおりとする。
① 初期導入料金
本サービスを提供するにあたり、サービス開始までにかかる費用をいう
② 月額利用料金
本サービスのシステム利用料金をいう。
③ 成果報酬
当社と広告主の間で別途定める広告成果が得られた場合に、広告主からパートナーに支払われる報酬をいう。
④ オプション料金
本サービスに関連して、当社が広告主の合意のもとで提供するサービスをいい、料金についても別途定めるものとする。

第4 条(成果報酬の確定および成果の承認について)
1. 本サービスにおいて、成果とは、ユーザーがアフィリエイトサイトを介して広告主の定める成果条件に到達した段階で本サービスのサーバー上に残される記録のことをいう。

2. 広告主は、成果報酬の承認または却下の確定を成果の発生から60 日以内に実施するものとする(別途、当社が認めた上で確定までの期間を設定していない場合を除く)。成果の発生から60 日(あるいは別途定めた期間)以内に成果報酬の承認または却下のいずれの確定もなされない場合には、その時点で、広告主は当社が承認の確定をすることを了承したものとみなす。また、承認の確定がなされた成果については、いかなる理由によっても変更、削除を行うことはできないものとする。

3. 広告主は成果報酬の条件を変更する場合には、変更月前月の20 日までに当社に通知するものとする。変更は変更月の月初めから適用されるものとする。

4. 広告主は何らかの理由により発生成果の確認画面に成果が反映されていない場合でも、パートナーから成果として特定するに足る情報の提示を受けた場合には、これを成果として取り扱い、承認または却下の処理を行わなければならない。

第5 条(支払方法)
1. 当社は毎月の月末を締め日とし請求書を発行する。

2. 広告主は、当社が指定する口座に、締め日の翌月の末日までに第3 条に定める利用料金を支払うものとする。なお、振込手数料は広告主の負担とする。3.前項において、末日が銀行休業日の場合は、その翌営業日までに支払うものとする。

第6 条(サービスの提供開始)
1. 広告主になることを希望する者は、本規約に同意の上で、当社の指定する申込書を用いて、申込みを行うものとする。

2. 当社にて審査を行い、当社が申込みを承諾した場合には、その時点で本サービス利用契約(以下、「本契約」という)が成立するものとする。なお、申込みの承諾はその旨を書面(ファックス、電子メールを含む)にて通知するものとする。

第7 条(契約期間)
1. 広告主と当社との本契約の期間は、申込書等による特段の定めが無い限り、本サービスの利用開始日の6 ヶ月後の日の属する月の末日までとし、広告主、または当社にて解約の届出が無い場合には、契約を継続するものとする。なお、契約継続後については、月毎に解約の権利があるものとする。

2. 広告主から当社に対して期間満了月の前月の20 日までに、メールまたは書面にて契約終了または更新を行わない旨の通知がなされない場合には、同一条件で更新されるものとし、契約期間についても同様のものとする。

3. 広告主は契約期間終了後でも、第4 条第1 項、第2項および第3項の定めに従い、成果報酬の承認あるいは却下を行うものとする。

第8 条(解除)
広告主が以下の各号に該当した場合、当社は何らの催告をすることなく、ただちに契約を解除することができるものとする。その際に広告主は債務に関する一切の期限の利益を失うものとし、ただちに支払わなければならない。
① 本規約のいずれかの条項に違反したとき。
② 破産、民事再生手続開始、特別清算開始、会社更生手続開始、または特定調停その他の倒産手続開始の申立てがあったとき。
③ 自己振出の手形または小切手が不渡りとなったとき、または、銀行取引停止処分を受けたとき
④ 反社会的勢力である場合、または反社会的勢力であることを推認させる合理的事実がある場合
⑤ 差押え、仮差押えもしくは競売の申立てがあったとき
⑥ 税公課を滞納し督促を受け、又は保全差押を受けたとき
⑦ 公租公課の滞納処分を受けたとき。

第9 条(解約)
契約を解約する場合には、契約期間の満了に伴う解約の場合でも、当社の定める解約届け(OASISアフィリエイト 解約届)にて解約を行うものとする。
また、広告主は契約期間中であっても、解約が行われなかった場合の残りの契約期間の利用料金を支払い、解約月前月の15 日までに「OASISアフィリエイト 解約届」を当社に提出することで解約を行うことができる。なお、解約されるまでに発生した成果についても、第5 条に従って支払わなければならない。

第10 条(機密保持)
広告主および当社は、互いに、相手方の事前の了承を得ずに、本契約によって知り得る相手方の技術上、販売上、その他業務上の秘密情報を、本契約以外の目的に利用すること並びに第三者への開示および漏洩をしてはならない。本条項の規定は契約終了後も効力を有するものとする。ただし、以下の項目に該当するものは機密情報からは除くものとする。
①開示の時点で既に公知のもの、または開示後情報を受領した当事者の責によらずして公知となったもの
②広告主または当社が開示を行った時点ですでに相手方が保有しているもの
③第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの
④相手方からの開示以降に開発され、かつ相手方からの情報によらないもの

第11 条(知的財産権)
1. 本サービスにかかるプログラム、文章、画像その他データ等についての知的財産権は、広告主自身が作成したものを除き、当社、または、当該権利を有する第三者に帰属する。

2. 広告主は本サービスにおいて、著作権その他の知的財産権等に関して問題のあるコンテンツを利用してはならない。

第12 条(広告主の義務)
1.  広告主は、やむを得ない場合を除き、本サービスが正常に稼働するように、広告主サイトを中断、停止状態に陥ることの無いように務めるものとする。
2. 広告主は、本サービスの申込書の各事項に変更があった場合、すみやかに当社に電子メールで通知するものとる。

3. 広告主は、本サービス管理画面のID およびパスワードを第三者に提供または使用させないものとする。

4. 広告主は本サービスの提供を受ける過程において当社が広告主に開示した情報をもとに、本サービスのネットワーク内にあるアフィリエイトサイトを運営するパートナーと直接に広告の掲載に関する契約を締結してはならないものとする。本項の規定については、契約解除後1 年間は効力を失わないものとする。ただし、パートナーが広告主の紹介により本サービスに参加した場合、また、本サービスに参加中のパートナーの紹介により、広告主が本サービスに参加した場合には、本契約の解除後は本項の規定を適用しないものとする。

5. 広告主が前項の定めに違反し、広告主がパートナーとの間で直接広告報酬にかかる契約を締結した場合は、当社に生じた損害を賠償するもとする。

6. 広告主が自己の事情により本サービスの利用休止を希望した場合、休止期間においても提供期間は進行するものとし、第3 条に定める利用料金の支払いの義務を負うものとする。

7. 広告主は、提携しているパートナーから事前の通知なしに、提携を解消されることがあることを了承する。

第13 条(本サービスの停止・変更・修正・追加・削除)
1. 当社は、いつでも本サービスを停止、変更、修正、追加または削除することができるものとする。

2. 前項の場合、当社は二ヶ月前に電子メール等により広告主にその旨を通知するものとする。ただし、緊急の場合にはこの限りではない。

第14 条(地位等の譲渡禁止)
契約者は、相手方に事前に書面による承諾を得ない限り、本契約上の地位及び本契約から生じる権利義務の全部または一部を第三者に譲渡、担保に供することはできないものとする。

第15 条(免責)
1. 当社は、ユーザーが広告主を通じて得る情報などについて、その完全性・正確性・確実性・有用性など、いかなる保証も行わないものとする。

2. 当社は、サービス提供の3. ためのシステムの障害等による電子メールの遅配、未配、本サイト又は広告主専用ページ上の誤表記、およびそれ以外のいかなる原因に基づき生じた損害について、賠償する義務を一切負わないものとする。

3. 当社は、故意または重大な過失がある場合に限って、広告主に対して損害賠償責任を負うものとし、損害賠償責任を負う場合であっても、法的構成の如何を問わず、過去3 ヶ月の承認成果報酬の合計金額を賠償額の上限とする。

4. 当社は、広告主の行った行為に起因して、第三者に発生した損害については、当社は何ら責任を負わないものとする。

5. 本サービスは広告成果の発生を保証するものではなく、成果の発生しない場合でも、第3 条に定める料金の発生を妨げないものとする。

第16 条(遅延損害金)
広告主が利用料金の支払い義務を怠り、支払いが遅延する場合には、年14 パーセントの割合による遅延損害金を付加して支払うものとする。

第17 条(損害賠償)
広告主または当社は、本規約に違反して相手方に損害を与えた場合には、その損害を賠償するものとする。広告主または当社が行った行為に起因して相手方が損害を被むった場合には (相手方が第三者から損害賠償を請求された場合を含む)、相手方はその対応に要する費用を含めて、当該損害額の全額を広告主または当社に請求できるものとする。

第18 条(規約改訂)
1. 当社、本規約を改訂することができるものとする。ただし、利用料金に関わる改訂については、広告主と当社とで事前に協議するものとする。

2. 当社が本規約を変更し、変更内容を広告主に通知または管理画面ないし本サービスにかかるウェブページに掲載した後においても、広告主が本サービスを継続して利用した場合には、広告主は変更後の規約を承認したものとする。

第19 条(協議事項)
広告主および当社は、本規約に関して疑義が生じた場合ならびに本規約に定めのない事項については、協議の上、解決を図るものとする。

第20 条(合意管轄裁判所)
本サービスに関連して広告主、当社、第三者の間に本サービスに関して紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第21 条(準拠法)
本規約の効力、解釈等については、日本国法が適用されるものとする。

【2018 年3 月23 日 施行】__